マラソン ランニング 中年 爪 はがれ

爪がはがれちゃった事件

今まで長い間2足のランニングシューズ(asics[アシックス]GT-2110とadidas[アディダス]MANA6)を取っ替え引っ替え、だましながら使ってきました。

 

しかし、2013年のフルマラソン大会に出場した際にその事件は起こったのです。

 

 

やっとこさ走り終わって着替えていると、両足の親指の爪に内出血を起こしていました。

 

 

確かに、レース用に履いていたシューズは「チョットきついかな・・・」とは思っていたのですが、両足に内出血を起こしているとは。

 

マラソンレース終盤は、走っている時には下半身全体が痛いので足の指の痛さなど気にはなりません。

 

昨年も同じシューズで走ったけどこんなことはなかった。
それだけシューズがヘタレたのかもしれません。

 

 

 

「まぁ、そのうちに勝手に治るだろう」とタカをくくっていました。
ところが・・・

 

左足の親指は自然治癒しましたが、右足はなんと爪全体がはがれてしまいました。

 

yubitume02.JPG

こう剥がれて

arrow10_70x35_ylw.gif
yubitume01.JPG

こうなった

 

サッカーをやっていて、スパイクで足を踏まれた時など足の爪が内出血したことはよくあったのですが、爪全体がはがれたのはこれが初めてです。

 

自然にはがれたので痛みはないのですが、なんとなく気持ちが悪い。

 

内側には薄い爪の膜?ができていました。

 

 

普段の生活はなんともないのですが、ランニングをするとさすがにチョット痛い。
思うように走れません。

 

 

”この爪が完全に伸びるまで走れないのかな?”
不安がよぎります。

 

 

幸いにして、2ヶ月後くらいには走れるようになったのですが、爪はまだ全快していません。

 

7ヶ月後の様子です。

 

yubitume03.JPG

足が汚くて申し訳ないです!

 

完全に伸びるまではあと1ヶ月はかかりそうです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク