マラソン ランニングシューズ サイズ 足 測り方

まずは足の長さを知る

あなたはご自分の足のサイズをご存知ですか?

 

23.5cmとか26.0cmとかいつも履いている靴のサイズが答えの方は、残念ながらご自分の足のサイズを知らないと思います。

 

その答えは靴のサイズであって、足のサイズではないからです。

 

 

あなたにピッタリなランニングシューズを選ぶには、まずはあなたの正確な足のサイズを知ることが第一歩です。

 

足のサイズを測るといっても、モノモノしい機械で測るのではなく、ご自分で簡単・正確に測ることができるのでぜひトライしてみましょう!

 

 

まずは足長を測ってみましょう。

 

用意するもの

  • 椅子:座った時にヒザが直角に曲がるようにクッションなどで高さを調整します
  • 紙:片足全体を乗せることができる大きさなら新聞紙でも広告でも可
  • ペン:印しをするだけですが、細いペンの方が正確に印しができます
  • 直角がとれるもの:ここでは三角定規を使っていますが、直角が出ているものなら箱でも何でもいいです
  • 定規・ものさし:あなたの足のサイズが測れる大きさであればOK

 

測定は椅子に座った状態で行います。
ひとりでもできますが、どなたかに手伝ってもらってもいいですね。

 

 

@ヒザが直角になる高さで椅子に座り、足の下に紙を置き、床と足首が直角になるように足の位置を調整して下さい。

 

キレイな足でなくて申し訳ないです

 

 

A足の指先の一番出ているところに印しを付けます。人によって親指だったり人差し指だったりします。ちなみに私は人差し指です(「ギリシャ型」というらしい)

 

ギリシャなオッサンは人差し指のところに印しを付ける

 

 

Bかかとの一番出ているところにも印しを付けます。ここは床から浮いているので三角定規などを使って正確に印しを付けましょう。

 

コレが少々キツイ作業ですね。ヒザが直角の高さって結構高い・・・

 

 

C印しを付けた長さを測定する。

 

ミリ単位でしっかりと測定しましょう

次に足囲を知る

お次は足囲ですが、足をシゲシゲと見つめて「幅が広いなぁ〜」と思わなければ通常のレギュラーサイズです。

 

っというのは、半分冗談なのですが半分は本当です。

 

 

自分の足を「甲高で幅広」と思っている方が日本人には多いようですが、実際は決してそうではなく、むしろスリムタイプが多いのです。

 

 

っというわけで、疑いを捨てて自分の足を「スリムだ!」と念じながらジックリと眺めてみましょう。

 

 

 

・・・・・どうですか?

 

スリムに見えてきませんか?

 

 

「そんなんでは納得できん!」というワガママな方は、しょうがないので足囲を測ってみましょう。

 

用意するもの

  • 椅子:足囲は”直角に座る”ほどシビアではないので、床に座ってもいいです。
  • 柔らかいメジャー:裁縫箱に入っているような布製のメジャーがベスト。無ければ伸び縮みしないヒモでも可。

 

足長の時と同様に座った状態で測定します。

 

 

@かかとを床につけて足先を上げます。

 

 

 

A親指と小指の付け根の部分(一番足の幅が広いヶ所)の足囲を測ります。

 

一般的にはこの部分が一番広いハズだけど・・・

 

柔らかいメジャーがあれば一発で測定できますが、メジャーがない場合はヒモをグル〜っと足囲に廻してその長さを測りましょう

 

 

メーカーによってランニングシューズのワイズの基準は違いますが、一般的なレギュラーワイズ(D〜E)の基準として、
【男性】

  • サイズ25cm→ワイズ24.3〜24.9cm
  • サイズ26cm→ワイズ24.9〜25.5cm
  • サイズ27cm→ワイズ25.5〜26.1cm

 

【女性】

  • サイズ22cm→ワイズ21.6〜22.2cm
  • サイズ23cm→ワイズ22.2〜22.8cm
  • サイズ24cm→ワイズ22.8→23.4cm

 

この範囲よりも細ければスリム、太ければワイドとアタリを付けてください。

 

※「アタリを付ける」と表現しているのは、実際にランニングシューズを履いてみないとピッタリがどうかは分からないからです。サイズはメーカー全てに統一されているわけではないし、同じメーカーでもランニングシューズのタイプによってもフィット感は違います。 

 

 

多くの日本人のイメージとは違い、スリムとレギュラーワイズの中に9割以上が当てはまるようです。

 

なので、やたらと2Eと4Eを展示していたり、勧めてくるショップには「?」と思ってしまいます。

座ったまま測るってどういう事!?

オッサンもサービスを受けたことがありますが、メーカーのプロショップなどで足の計測サービスをしてくれる所があります。

 

とてもありがたいサービスなのですが、少し疑問なのが立ったまま測定することなんです。

 

 

あなたも御存知の通り、人間の足裏にはアーチが形成されています。

 

このアーチがクッションとなり体重の何倍もの衝撃を分散させるとともに、進むための推進力にもなります。

 

なので”走る”という動作には、このアーチがとても重要な役割をするのはお分かりだと思います。

 

 

ランニング用のシューズには、このアーチを保ち続けるシューズを選ばなければなりません。

 

シューズを履いている時にしっかりと足裏にアーチが形成されていないと、自分の走りができないばかりか、荷重が大きな負担となりケガをしてしまう可能性もあるのです。

 

 

 

”ランニング”とは余計な身体の動きや姿勢など、出来る限りの無駄を削る作業でもあります。

 

街中で履く靴とは違い、ランニングシューズには無駄な動きを無くすことが要求されます。

 

あなたにフィットしていない大きなシューズを履いていると、シューズの中で足が遊ぶことにより無駄なロスとなり、あなた本来の走りができないばかりか靴ズレやマメなどの原因にもなります。

 

 

 

立った姿勢というのは足裏に負荷がかかり、アーチが潰れている状態になります。

 

つまり、この状態で測定するということは、足が少し大きいということになります。

 

 

荷重がかかっていない座った状態と立った状態の足の大きさの差はわずかかもしれませんが、そのわずかな違いでランニングシューズのサイズが変わってしまうこともあります。

 

ランニングシューズを選ぶ際にはミリ単位でシビアになって頂きたいので、ぜひ一度、ご自分でサイズを測ることをオススメします!

 

人間の足はサイズが変わります。
大人になったら一生足のサイズは変わらないと思われるかもしれませんが、正しいサイズのシューズを履き続けることによって足本来のアーチが形成されサイズが小さくなる可能性があります。
少なくとも1年に一度はご自分で足のサイズを測定してみてくださいね。

 

 

 

もしよろしければ次の記事>>>「ピッタリなランニングシューズのサイズ選び」へ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

スポンサーリンク